株式会社姫野塗装

塗り替えサインの詳細
SIGN
ホーム » 塗り替えサインの詳細

塗り替えサインの詳細


チョーキング現象

 壁などの色あせた部分を手で触ると手に粉がつきます。これをチョーキング現象と言い、塗膜が粉になり防水性がなくなっているサインです。
 一度ご自宅の外壁を触ってみてください。もしかしたら塗膜が弱ってきていませんか?

カビ・コケ

 主に外壁の日陰側や屋根の北側などの日が当たらない場所にカビやコケが発生します。
 外壁のカビ、コケ、藻の発生は塗料に含まれる薬効のある防カビ、防藻剤の効力が無くなった合図になります。建物の美観を損なうだけでなく、まわりの劣化の進行も早めてしまいます。カビ・コケ・藻・ホコリ等が原因となりダニが発生し、シックハウスになる場合もあります。
 太陽光の届かず湿気がこもりやすい北側の外壁などをチェックしてみてください。

外壁のヒビ、亀裂

 ひび割れや亀裂などの症状のことを「クラック」といいます。外壁、屋根のあらゆる場所に現れます。原因は気温の変化や乾燥、振動や地盤沈下と様々ありますが、小さなクラックも油断はできません。そこから雨水が侵入して内部が腐食し、住宅の耐久性が低下して小さな地震でも倒壊する恐れも出てきますので要注意です。
 一度外壁の周辺を観察してみてください。

塗装の剥れや膨れ

 劣化によって塗膜の密着力が弱まると、剥れや膨れなどの症状が現れてきます。これでは下地素材がむき出しになってしまい、欠損は進むばかりです。
 膨れの症状が現れている場合は、内部からの欠損が悪化し塗膜を浮かせているケースも考えられるため、きちんと診断を受けることをおすすめします。

鉄部のサビ

 鉄が雨水などの水分や空気中の酸素と反応し、酸化鉄となった状態を指します。
 塗膜の褐色化により建物の美観が損なわれます。金属にとってサビは大敵で、そのまま放置しておくと穴があいたり中から腐ってしまうため、目立ってきたら早急の対処をおすすめします。

色あせ(退色)

 紫外線による劣化のサインが色あせ(退色)です。
 濃い色の外壁ほど色落ちが目立ちやすくなります。
触るとチョーキング現象で手に色がつく場合と、洗い流されてしまい手にはつかない場合があります。

シーリングの劣化

 シーリングとは、外壁のパネルとパネルを繋いでいるゴム状の柔らかい物質を指します。
 窓と壁の接続部分にも打ってあります。
 このシーリングの役割は地震の振動を吸収したり、雨水の侵入を防ぐための大事な役割を果たしています。一般的には「コーキング」と言われる事もあります。
このシーリングが劣化するということは、建物の内部に雨水の侵入を許してしまう、という事なのです。
建物の内側に雨水が入ると木材などの腐食の原因になるのです。しかし、内側の腐食が進行していても通常目に触れることが無い為、人の体で例えると「ガン細胞」のように気づかぬ内にジワジワと症状が進行してしまいます。 外壁に施されたシーリング部分に亀裂や破裂などがないか確認してみてください。

PAGE TOP